愛される店には理由がある

北砂にあるレストカフェミュー

 

一見、メルヘンな佇まいの可愛らしいカフェ。

img_6889

img_6896

 

かと思いきや、一歩足を踏み入れてメニューを見ると
その幅広いラインナップにびっくり。

 

王道のカフェメニューに加え、img_6908

 

酒の肴にラーメン、

img_6907

 

そして焼き立てパイなどのスイーツも充実。

img_6906

 

ここは何屋さん?

 

「よく聞かれるんですよね。常連さんのリクエストに応えるうちにメニューが増えて、ワインや焼酎・日本酒も置くようになって、それでさらに酒の肴も増えちゃって」と店主の向井実さん。

 

地元に愛され店なのがよくわかります。
実際お客様の約8割は常連さんで、先日10周年記念パーティを終えたばかりなんですって。

 

専門店レベルの味

 

まず、何でもあり=そこそこの味、という先入観はこの店では捨てちゃってください!

今回用意していただいた「カレーうどん」も、

img_6931

関西が誇るB級グルメ「明石焼」も、

img_6910

 

専門店に勝るとも劣らないレベルの高さ、なんです!

 

カレーうどんは、スパイシーな風味に毎日丁寧にとるカツオ昆布ダシのうま味が相まって…。女性に人気なのも納得の繊細で上品なおいしさです♡

 

そのダシが決め手ともいえる明石焼、プリプリたこ&ふわふわ卵の美味なるハーモニー、ぜひお試しを!

img_6916

 

ジャンルの枠を超えた多彩なメニューを専門店レベルで提供できる理由。
それは向井さんのバックグラウンドにありました。

 

大学時代、飲食店でアルバイトをしていた際

「何種類もブレンドされたコーヒー豆の品種を当てたことがあって、自分の舌はけっこう鋭敏なんじゃないかなと自覚したんですよね」。

 

そこでコーヒーの奥深さにも目覚め、卒業後は自身で飲食店を経営しようと決心。

まずは食への知識を深めるため飲食会社に勤め、数々の新規店舗の立ち上げに携わりました。

 

その一環として大阪の焼き鳥店で修行したこともあり、その時に関西の食文化と関西弁(!)も習得したのだとか。

 

関東育ちですが、かなり流ちょうな関西弁で、コーヒーの魅力について語る向井さん。

「関西出身の方にも褒められます。笑」

 

img_6934

というわけで、とにかく色々お試しください!期待を裏切りませんから^^

img_6903

 

ミューという店名はフランス語でGoodという意味。

「お客さんにとっていいお店でありたくて」。

と同時に、大学時代学んだフランス語を使ったのは、

大学に行かせてくれたお母様への感謝も込めて。

 

今後は「同じように独立して個人店を構えたいという人を支援していきたい」と笑顔で語ってくれました。

 

そんな向井さんの優しさが息づくお店。

 

料理もおいしくて、おしゃべりも楽しくて居心地よし。

今日も常連さんが陽気に飲んでいらっしゃいました♡

img_6898

 

このお店の詳しい情報はこちら

お茶よし! お酒よし! 使い勝手◎!

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/