restaurant_menu ビール(ブルワリーパブ)

亀戸ビア(カメイドビア)

place亀戸駅北口から徒歩10分

亀戸初の本格的ブルワリーパブ

公開日:2022年6月22日

小さな醸造所でブルワーが丹精込めて作るクラフトビールが人気の昨今。

亀戸初となる醸造所を兼ねたパブ、話題のブルワリーパブがあるのをご存じでしょうか?その名も・・

亀戸ビア

 

場所は亀戸天神社に近い蔵前通り沿い。

 

ブルワーは、パブの本場、英国出身のジョンさんです。

 

 

米国ロサンゼルスで会社勤めをしながら趣味で続けていたのが、ホームブルーイング。営利を目的とせず、趣味としてクラフトビールを作るホームブルワーが多いカリフォルニアで15年間腕を磨き、2020年10月、奥様の故郷・日本で念願のブルワリーパブをオープンしました。

 

クラフトビールの本場、カリフォルニア仕込みのテイストを亀戸で

IPA(インディア・ペール・エール)をメインに、クラフトビールの本場、カリフォルニア仕込みのクラフトビールが楽しめる亀戸ビア。店を初めて訪れた人に人気なのが、定番の3種飲み比べのテイスティングセット(1,100円)。

 

向かって左から、天神IPA、クラウディ香取、水神ペールエール。「ジャパン・グレートビア・アワーズ2021」で銀賞・銅賞を受賞した亀戸ビアの看板クラフトビール3種のセットです。

 

飲む順番はアルコール度数の低い方から、つまりこの並びだと右から順に飲むのがおすすめだそうです。

 

どれも新鮮なホップの香りとIPAらしい風味のある苦みを感じるのですが、それぞれが個性豊か。どれもここでしか飲めない味です。ぜひ、飲み比べて、作り手が丹精込めて作ったそれぞれの味の違いを確かめてみてくださいね。

 

これら定番の他、時期によって変わる数種類をラインナップ。どれもジョンさんが手間暇かけて作っています。

 

こちらはビールの原料となる大麦。おつまみとしていただくと、甘みがあってたまらないおいしさ。当然ですがビールに合います。

 

この大麦とホップを原料に、おいしいクラフトビールが誕生するまでの麦芽粉砕から充填まで数多くの全工程を全てジョンさんひとりが行うため、店は金曜から日曜、祝日のみオープン。その他はほぼ毎日、こちらのバックヤードで醸造に励んでいるそうです。

 

これらの醸造設備の取り付け、配管などを職人の手を借りずジョンさんが行ったそうです。すごい!!

 

 

ジョンさん手作りの温かみある店内

2018年9月に来日してから、様々な手続きに時間がかかったことや、コロナ禍で機械の到着が遅れるなどで、オープンまで約2年かかったとのこと。

 

「その間、たっぷり時間があったので、店内のカウンターやテーブル、装飾のほとんどを夫が作ったんですよ」と公私ともにジョンさんのパートナー、妻の敦子さん。

 

甲羅がホップのカメはジョンさん夫妻の娘さんがデザイン。友人のデザインという店名のロゴともども、地域で親しまれ、気軽に立ち寄れるビアパブでありたいという思いが伝わります。

 

このカメやロゴをモチーフにした木製コースターやワイヤークラフトは、ジョンさんの作。

 

 

ハンドメイドで完成した木のぬくもりと温かみを感じる店内には、遠方のクラフトビールファン、くつろぎの時間を過ごすご近所さん、ジョンさんとの会話を楽しむ海外出身の方が集います。

 

△ジョンさんと、英国出身ことみせライターのスティーブンさん。同郷ということもあり、意気投合してビール談義に花を咲かせていました。

 

亀戸初のブルワリーパブ「亀戸ビア」は、亀戸天神社や亀戸香取神社に近く、亀戸駅や錦糸町駅から散策するにも抜群の場所。クラフトビールファンにぜひ訪れてほしい、おすすめのお店です。

 

 

 

※記事の内容は2022年6月時点での情報で価格は税込です。最新の情報は店舗に直接お問い合わせください

亀戸ビア の近くのお店

shopping_cart伝統工芸品

keyboard_arrow_up