restaurant_menu食堂・レストラン restaurant_menuスペイン料理

伍月ノ櫻(ゴガツノサクラ)

place門前仲町駅1出口から徒歩4分

門前仲町にまたひとつ、いい店増えました

更新日:2015年11月27日

門前仲町にまたひとつ、いい店が

 

美味しいものを食べさせてくれる店が多い門前仲町に2015年10月15日オープンした「伍月ノ櫻」。

 

その店名からして和食屋さんかと思いきや・・・

 

子どもの頃から料理好きだったという櫻井慎吾さんが「地元で店を」という夢を叶えて、生まれ育った街で始めた欧風レストラン。

 

スペイン産の生ハム、ハモン・セラーノがあったりして。

 

DSCF9062 (600x400)

 

さまざまな国・地域の料理を提供する店で学んできたという櫻井さん。

 

なにしろ、食べるのも作るのも大好き!ということですが・・・

 

深夜、または朝(このお店、日曜・祝日以外は27時まで営業)帰宅してすぐに何か作ってしまう・・というほどの好きっぷり。

 

「仕事から帰って、家でもおいしい料理を作ってくれるなんて、奥様がうらやましい」と思ったら、その幸せな方は店で一緒に働き、ご主人をサポートしておりました。

 

DSCF9085 (600x400)

(2015年9月に結婚したばかりなんだとか)

 

 

自由な発想で作る、オリジナル料理!

 

この店で、最初にオーダーするべきなのが、お手頃価格で数種類の料理を楽しめる、シェフおまかせのオードブル。(880円〜)

 

DSCF9012 (600x397)

 

お客様にアレルギーのある・なしなどを聞いて決めるというオードブルの内容は、その時のインスピレーションで作る、メニューにない新作だそうです。

 

 

「美味しい」を追求して、フォカッチャも自家製。

 

DSCF9014 (600x400)

 

練り方と水かげんが美味しさの秘訣という、櫻井さんのフォカッチャです。

 

DSCF9027 (600x400)

 

バケットと一緒に、特製のハニーバルサミコ酢を添えて、これが櫻井さん流。

 

ワインもいただき、幸せな気分になったところで、次は・・・

 

伍月ノ櫻シーフードパエリア。(2,780円)

 

DSCF8983 (600x396)

 

パエリア用に炊いたごはんをパプリカの中に詰め、オリーブオイルをかけてオーブンで焼いています。

 

ここまでなら家庭でも作れそう・・なのですが、プロが作る料理は手間がかかってます。

 

白身魚の身やアラをたっぷりの水と白ワイン・トマトで煮詰め、こしたものをさらに煮詰めてサフランで仕上げたという手の込んだソースと魚介類を添えた、見た目にも美しいパエリア。オススメです!

 

 

「アルコール類もいろいろあります。深夜までやっているのでぜひ来てくださいね」と櫻井さんご夫婦。

 

DSCF9071 (600x400)

 

ふたりの初々しい雰囲気に、なんだか応援したくなるお店です。

 

 

※本文中のメニュー・料金は2015年11月時点のものです。

 

keyboard_arrow_up