また寄りたいと思っちゃう味と雰囲気エトセトラ

 

「そばカフェ」と呼びたいような素敵なおそば屋さん

 

ここは南砂「そば処 いなりや」。

店名の由来でもある仙気稲荷神社にほど近い

 

仙気いなり商店会通りにある、出前もしてくれるおそば屋さんです。

 

DSCF6855 (500x345)

 

 

DSCF6857 (500x338)

 

北信州栄村「秋山郷」の石臼挽のそば粉を使用、うどん・ラーメンも自家製麺という、創業65年を越える老舗店で、店内には店の昔の様子を伝える写真もありました。

 

DSCF6832 (332x400)

 

 

いい雰囲気!ダシの香りただよって・・食欲わきます!

 

 

DSCF6860 (500x308)

 

店内は明るくキレイで、まるでカフェみたい。

 

 

大きなクスノキのテーブル、有田焼のシェードの灯り、あったか~い雰囲気です。

 

DSCF6891 (500x323)

 

 

「漆喰(しっくい)の壁には職人さんの遊びゴコロがあるんですよ」と石田さん。

 

 

DSCF6912 (500x333)

 

 

言われなければ気づかなかったけれど、漢字で「大入(おおいり)」って所々に記してあるんです。

 

 

DSCF6907 (267x400)

 

わかりますか?お店に行ったら、ぜひ見つけてくださいね!

 

 

堀座敷もありました。

 

DSCF6893 (400x267)

 

 

 

長く愛されています

 

こちらは鴨南蛮(930円)。

 

DSCF6871 (500x333)

 

3種類の削り節でとったダシ汁に、数日寝かせた かえし を加えた甘汁と呼ばれる上品なつゆに鴨肉とネギ、ゆず、三つ葉の風味が加わり、美味!

 

ネギ専門店から仕入れているという、太さが揃っていて、切った時の断面がつまった千住ネギを使っているそうです。

カラダがポカポカ温まる、冬の定番人気メニュー、これを食べずに春を迎えられません!

 

 

その他の定番メニューですが、

古いものだという、このお品書き、「昔ながらのおそば屋さん」って感じでいいですね。

 

DSCF6851 (500x290)

 

 

テーブルの上のメニューはイラスト入り。

 

 

DSCF6836 (500x333)

 

「これ、うちの奥さんが描いているんですよ」って3代目店主の石田朝男さん。

 

 

こちらが奥様。

 

okusan_DSCF6845 (400x266)

 

 

DSCF6834 (500x333)

 

ほっこり癒し系のイラストがお店の雰囲気と合っていて、素敵です♪

 

 

ササッと用意してくれた、宴会メニューだという、板わさと鴨スモークとそば味噌キュウリの三種盛りも、美しく・・

 

DSCF6896 (400x267)

 

「親子3代で通ってくださるお客様もいらっしゃって、嬉しい」という石田さんご夫妻。

 

DSCF5625 (500x334)

 

「お客様に支えられてやってきました」とのこと。

 

感謝の心があるからこその温かさ。

 

また寄りたくなる

下町の、あったかい雰囲気のおそば屋さんでした。

 

 

DSCF6852 (400x213)

 

 

 

※写真中の商品の価格は2015年2月時点のものです。

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/