restaurant_menu 日本料理

八助(ヤスケ)

place西大島駅A4出口から徒歩2分

西大島駅近、普段使いできる和食店「八助」

公開日:2021年3月5日

西大島駅から徒歩2分、ビルの2階に和の風情で佇む1996年創業「八助(やすけ)」。お酒に合う単品料理やコース料理の他、リーズナブルな定食も提供する使い勝手の良い和食店です。

 

出迎えてくれたのは、この店の女将さん。板前を務める息子の太輔(だいすけ)さんと共に暖簾を守っています。

 

 

新名物!うなぎの焼きおにぎり

店で仕込む自慢のうなぎを気軽に味わってほしいとメニューに加えたのが「うなぎの焼きおにぎり」(1個500円)。

 

上質な国産うなぎを使ったかば焼きを具として中に入れたおにぎりに、特製のタレをたっぷり塗って程よく焼き上げた香ばしい焼きおにぎりです。

 

「うちのうなぎのおいしさを知っていただくきっかけになれば」と太輔さん。

 

手間暇かけた仕込みと絶妙な焼き加減のうなぎはふっくらやわらか。タレの風味が味を引き立てます。焼きおにぎりというシンプルな料理だからこそ、際立つおいしさ。

こちら、テイクアウトもできるそうです。

 

素材の良さを生かした店主おすすめ定番料理

旬の素材を使った季節料理はもちろん、定番の料理もおすすめです。中でも特に注文が多いという単品料理をご紹介!

 

つくねおろしポン酢」(550円/おひとり様用ハーフサイズは330円)。

 

鶏と豚のひき肉・鶏軟骨・玉ねぎなどを混ぜて小判型にして焼き、食べやすくカットしたジューシーなつくねは、さっぱりしたおろしポン酢との相性もばっちり!

 

こちらは、お客様からのオーダーで作ってみたら評判が良く、定番メニューになったという「自家製厚揚げ」(450円/おひとり様用ハーフサイズは280円)。

 

アツアツの厚揚げに、しょうがとネギ、おかかがたっぷり!お好みでしょうゆをかけていただきます。

 

厳選した豆腐を十分に水切りして作る厚揚げは、しっとりキメ細やかで濃厚な味でした。

 

 

おひとり様にやさしい店

八助では、ひとりで食事に訪れる人が多いため、夜はおひとり様限定のハーフメニューを用意。

 

「おひとりでご来店いただいた方限定ですが、いろいろな料理を召し上がっていただければと通常より少量で、その分、お安く提供しています」と太輔さん。

 

ちなみにおひとり様の男女比は半々くらい。昼夜とも日替わり定食があるので、ここをわが家のようにして毎日食事に訪れる人もいるんだとか。

 

昼の定食は、日替わりに焼き魚を加えた定食が700円とリーズナブル。毎日800円で提供している「親子丼」は店名にちなみ、八のつく日(8日、18日、28日)は700円になるサービスも。

 

夜の日替わりは、ごはんと味噌汁、または飲み物(ビールか酎ハイ類)1杯のどちらかと料理がセットになって1,100円。栄養のバランス良く、旬の食材を使った家庭的な和食が気軽に味わえます。

 

春本番になると、サワラやイサキ、鯛、たけのこ、山菜料理がラインナップに並びます。

 

ほかにも趣向をこらした和の料理がいろいろ。1階にメニューが貼ってあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

※本文中の情報は2020年2月時点のもので、金額はすべて税別です。

八助 のこだわり条件

江東区内共通商品券取扱店
クレジットカードが使える
ランチ営業あり(飲食店)
テイクアウト可(飲食店)
keyboard_arrow_up