青森発アピオス、亀戸で大人気!

スポーツの神様、亀戸 香取神社に続く亀戸香取・勝運商店街

 

その商店街にある、喫茶店兼居酒屋、呑飲さん。レバーの竜田揚げやもつ煮が人気ですが、もう一つの人気ニュー「アピオス」って、知ってます?

 

 

最近スタミナがないナアーと感じる方

お通じをよくしたい方

育ち盛りのお子さん

 

にオススメ とか!

 

 

インディアンのスタミナ源、アピオス

 

「おつまみですね。子どもから大人まで、大人気です」と、呑飲の宮永元気さん。

 

 

アピオスは、北米原産のマメ科の植物。「ホドイモ」とも呼ばれる、小粒のお芋のような豆のような野菜です。日本に伝わってきたのは、明治時代。「インディアンのスタミナ源」「戦闘食」と言われるほど、栄養価が高いそうですよ。古くから産前産後の産婦さんに食べさせたとか。

 

 

本格的な生産が始まったのは、最近のこと。主に青森で作られています。その栄養価は、ジャガイモと比較しても、鉄分が4倍、繊維は5倍、タンパク質は3倍、カルシウムに至っては、なんと30倍! ビタミンCや、芋類に含まれていないとされるビタミンEも含んでいるそう! とにかく体にいいんです! 最近、テレビでも取り上げられ、注目が集まっています。

 

 

 

アピオス、くださいな!

 

 

「アピオスね〜。よく出てるよ〜」

 

 

「揚げたてで熱いからね」

 

 

ひゃっほ〜! 「アピオス」380円!

 

 

一粒2センチくらいかな。 大きさは、毎回いろいろ。

それでは、いただきます。パクっ!

 

 

わ、甘い、甘いです。

ほくほくして、さつまいもみたい。味は、落花生に似てる。栗のようでもあるな。んー、ビールが進む!

 

 

おやつのような、おつまみのような。

ついつい手が伸びる、くせになる味ですね。おいしいでーす!

 

 

 

商店街のつながりから生まれたメニュー

 

きっかけは、同じ商店街の「下北半島交流ショップ むつ下北」さん。弟さんが、青森でアピオスを栽培しているとか。試食して、これはいいね、と商品化。呑飲の「むつ下北直送品」ナンバー1に加えられました。

 

 

お店に行くと、説明もしてくれますよ。

 

 

こちらのお店の品物が、お向かいの店で食べられる。

 

そういうの、なんかいいよね。

 

 

「商店街を盛り上げたいし、みんなで発展していきたい」と、元気さん。

 

 

「みんなでワイワイ楽しんで、明日からの活力になれば」。

インディアのスタミナ源をつまみに、ちょっと一杯、やりませんか?

あったかい笑顔にも、アピオスにも、元気がもらえますよ♪

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/