わざわざ出かけても食べたい甘味

清澄白河で開発2年の果実入り羊羹

 

創業65年の「御菓子司双葉」の3代目

森堅一さんが2年の歳月をかけ、完成したのがこちらです!

 

「果実入り羊羹

DSCF0107 (300x225)

キリヌキ_果実入り羊羹2 (200x300)

 

味は4種類。試食でいただきました♪

DSCF0144 (300x225)

・抹茶小倉800円

抹茶羊羹に小倉鹿の子をちらし、生クリームを加えてまろやかさを出したという逸品です。

 

・富有柿900円

愛知から仕入れた富有柿をベースに干し柿を加えて、なんとも言えない食感と柿の風味。

 

・青梅800円

ミンスカットした青梅の甘露煮の食感がたまらない、ほんのり香る梅酒が爽やかで、もっと食べたい・・そんな感じ。

 

・無花果(イチジク)800円

蜜漬けしたイチジクの程よい甘さ。フルーティな羊羹です。

 

 

この羊羹、ちょうどいい大きさとお値段で、ご進物にも自宅用にもいいんじゃないかしらん♪

 

 

 

作り手と会話しながら和菓子を選ぶ

 

ご近所さんでしょうか。

次々とお客さんが訪れて、和菓子を選んでいました。

小_みたらしだんご (300x200)

 

皆さん、店のご主人と会話を交わしてます。これぞ下町の和菓子屋さん。

作り手との会話を楽しんでいる様子。いいなぁ、こういうの(^o^)

 

中_接客 (300x200)

 

取材したのは夏だったので

ワタシもこちらをいただきました。

DSCF9876 (300x200)

水羊羹(140円)と、ごま大福(130円)美味美味♪

 

ごま大福は、年中いただける人気の定番。

わざわざ出かけても、また食べたいです!!!

 

他にも・・・生菓子、お赤飯、カステラなどなど揃ってます。

キリヌキ_生菓子1 (300x200)

キリヌキ_内祝 (300x200)

 

 

 

職人歴65年

 

店の奥で、2代目の晃一さんが黒糖を煮込み中。

キリヌキ_お父さん (300x225)

これぞ職人、根気のいる仕事ですね。

 

見せてくれたのは沖縄の最高の黒糖です。

DSCF0119 (300x225)

DSCF0123 (300x225)

 

このまま食べても美味しい黒糖で作った「黒糖まんじゅう」も

美味しかったです~♪

 

このお店の一番の自信作が

「北海道産の小豆を使った自家製あん」だそうです。

 

煮炊きした小豆が、こちらの製あん機と、こし網でちょうどいい「あん」になるんだそう。

DSCF0110 (300x225)

DSCF0114 (300x225)

 

自慢のあんで作ったどら焼き

いかがでしょう?

中_お父さん (300x225)

 

 

 

 

ベテラン職人だってずっと勉強

 

息子の堅一さんは、30年以上続いているという菓子職人の勉強会に

毎月通っているそうです。

大_店主腕組み (300x200)

 

仲間との会話から新しい発想が生れることがよくあるとか。

 

「勉強しないと置いていかれるからね」

 

見習いたい(‘◇’)ゞ

職人さんの言葉って説得力あります!

大_店主入口 (300x200)

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/