鹿児島の美食に舌鼓! 女子も集う渋い居酒屋

ここは酔っぱらいの聖地との異名を持つ亀戸横丁が入るスクエア三報ビル。

 

 

年季の入った趣あるビルの中には、赤ちょうちんがぶら下がる居酒屋やラーメン屋などが軒を連ねています。

 

そんな下町情緒あふれるビルの3階にある隠れ家的名店が、本日紹介する

 

居酒屋とんぼ

 

鹿児島出身の北さんが営む、本場の鹿児島料理と創作料理、レアな鹿児島焼酎が楽しめる通なお店なのですが、その「ザ・居酒屋」な佇まいをいい意味で裏切ってくれるのが、素材にこだわった洗練料理。

 

 

実は厨房を仕切る北さんのお父様、地元鹿児島の割烹や鮨屋で腕を磨き、洋食、中華の心得もある、この道45年の腕利き料理人なのです。

 

 

そんな料理長が丹精込めて紡ぎ出す美食の一例を。

 

鹿児島直送黒さつま鶏「鶏刺し五点盛り」1,200円(税別)。とんぼと言えばコレ! の看板メニューです。

 

 

濃厚な旨みをたたえた黒さつま鶏のなかでも、イチオシは希少な砂肝の刺身。鮮やかな赤は鮮度抜群の証。コリコリとした食感と地鶏の旨みが口いっぱいに広がります。

 

 

人気の「和牛もつ鍋」1人前680円(税別)は、鹿児島の甘い醤油をだしに加えたご当地の美味。

 

 

「冷凍ものや外国産だと臭みが出たり脂がくどかったりするんです」と、鹿児島直送の新鮮な和牛のもつにこだわっています。甘い脂とぷるんとした食感が至福のおいしさ!

 

 

黒さつま鶏を使った料理長の創作料理「生親子サラダ」680円(税別)は、サラダの上に黒さつま鶏の刺身と卵黄をトッピング。フォトジェニックなビジュアルは女性にも大人気。

 

 

こちら、黒さつま鶏のだしを使った「だし巻き玉子」550円(税別)。滋味あふれる鶏だしの風味と玉子の優しい味が口の中でふんわりとほどけます。

 

 

そして鹿児島名物といえば「さつま揚げ」580円(税別)。
名店「薩摩庵」の味が楽しめるのは都内では希少!

 

 

これらの繊細で洗練された味わいと見目麗しい盛り付けに、女性客が多いのも納得。

お一人様もけっこういらっしゃるそうですよ。こんな行きつけ、持っていたい♡

 

そうそう、本日のおすすめもお忘れなく。

 

 

料理長が市場で目利きする鮮魚を使ったメニューがズラリ。

 

 

「今日は鳥取の寒ブリが入ったから刺身とブリ大根と…」なーんて聞くだけで生唾がゴクリとなりません?

 

 

鹿児島料理と焼酎のマリアージュ

 

そんなお料理と楽しみたいのがレアな鹿児島焼酎。

 

 

週替わりで13種ほどの焼酎を揃えています。都内はもちろん、鹿児島でもなかなか入手できない小規模な蔵元の幻の味も並びますよ~。

 

 

居酒屋のカジュアルさと高級料亭の味を併せ持つとんぼ。

 

 

グランドメニューにはありませんが飲み放題付のコース料理(7~8品)は3,500円、5,000円(各税別)で用意しています。

 

内容は基本的におまかせ。「女性好みで」「飲める料理を」などなどリクエストに応じて料理長が匠の技でカスタマイズしてくれます。

 

年末は28日まで、年始は5日から営業。

忘年会・新年会の使える店リストに加えておくべし、ですよ~!

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/