職人が作る、一目置かれるシャツ

 

生地から選んでオーダーメイドするワイシャツって

どんな風に作られているの?

 

 

着心地にこだわるシャツを作る、知る人ぞ知るお店

「斉藤シャツCAMISA SAITO」の工房にお邪魔してみました。

IMG_9051 (385x500)

 

 

 

すぐわかりました!!すごいオーラ!

アナタが社長の「斉藤 久夫」さんですね!

 

IMG_9043 (600x447)

 

着心地の決め手となる裁断工程をすべて手作業。

 

IMG_8937 (500x356)

 

寸分の狂いもなく、またハサミでもなく、包丁で1パーツ1パーツ、お客様のサイズに切り出されていきます。

 

IMG_8938 (500x329)

 

 

IMG_9027 (500x354)

 

裁断するための専用の包丁の減り具合が、40年以上のキャリアの証です!
(もちろん、一番左が社長の包丁です!)

 

IMG_8943 (400x290)

 

ちなみに、平成18年度江東区優秀技能者にも選ばれております。

IMG_9048 (400x334)

 

 

シャツを作るためには、一度ご来店頂き、採寸そして、生地選びです。
(デザインは、こだわりに応じてお客様と相談してきめてゆきます。)

1度採寸をしたら、次回からは布を選ぶだけで済みます。お電話だけで済ませる方もいるそう

 

 

春と秋に新しい生地を入荷。インポートものの珍しい生地も多数。

種類は・・・「把握しきれない」そうです。

 

IMG_8965 (500x333)

IMG_8945 (500x353)

ちなみにすべて綿100%(1部ウールもあるよ)

 

 

 

最初に洗って縮ませておき、アイロンがけをします。

こうして、ゆきが詰まったり、縮んだりするのを予めふせぐそうです。

 

IMG_8968 (333x500)

 

 

ボタン1つでもこだわります。

溝が入っていて、糸の厚みで出っ張らないようにしている、こちらで考案したボタンを使います。

IMG_8948 (500x333)

 

 

自分のネームが入ったシャツって憧れ!

IMG_8952 (500x333)

 

「こんな刺繍はどうかな?」

スタッフの方が、今考案した刺繍、ステキです!

「K」のイニシャル!

IMG_9007 (500x359)

 

 

しかし、庶民に手が届くお値段なのでしょうか?

さぁ!いくらですか!?

 

「はじめてのお客様には、まずは、ここからおススメしています。」

と無地の生地の中からお選び頂く、定番の形のシャツを見せて頂きました。

 

IMG_8955 (600x491)

 

IMG_8956 (500x333)

 

お値段:13,000円~です!!

 

袖口や襟がくたびれてきたら、そこだけ付け替えて修理をして

何年も大事に着ている人もたくさんいるそうです。

 

IMG_9017 (500x333)

 

そう考えると、長い目で見るとお得かもしれませんね。

何より、気に入ったもの、いいものを、大事にする暮らし方に憧れます。

 

 

ある30代の営業職の方が、こちらで注文したシャツを着てから

堂々とした振る舞いができるようになって、

営業成績が上がった。なんて嬉しいお声を頂いたこともあるそう!

いいお洋服を着ると、背筋が伸びるような気分になるのって、女性だけではないんですね。

 

 

 

会社の誰ともカブらない、自分だけのシャツ

着心地が良い上、一目置かれること間違いなし。

 

 

大切な人に教えてあげたい、特別なお店。

知ることができてよかった!

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/