shopping_cart 総菜・弁当

松ばや(マツバヤ)

place北砂二丁目バス停から徒歩2分

名物は煮玉子!砂町銀座の総菜店

公開日:2022年12月23日

砂町銀座商店街を明治通りから入って徒歩約2分

1962年創業、昭和の雰囲気を残す昔ながらの手作り総菜店

松ばや

店先には、看板商品の煮玉子をはじめ、きんぴらや生あげ煮、うずら豆など、おなじみの家庭的なお総菜がずらり!

 

全て店で作るという自家製お総菜です。

 

どれもおいしそうですが、一番人気はなんといっても

松ばや名物、煮玉子

平日は400個、週末は1,000個のゆで玉子を、20年以上継ぎ足しのしょう油ダレで2時間煮込みます。一朝一夕では出せない煮玉子の奥深い味は、この店ならでは。毎日のように買いに来る常連さんも多いそうで、取材中も次々とお客さまが買っていました。

お値段は4個200円。1個50円で欲しい数だけ買うこともできます。

 

「そのまま食べるのも良いですが、おでんの具や、サラダのトッピングにするのもおすすめです」と言うのは、ご両親と店を切り盛りする3代目店主の石塚貴之さん。

 

ちなみに、子どもの頃からゆで玉子の殻むきを手伝っていたという貴之さんは、数々のメディアで紹介されるほどの “ゆで玉子の殻むき名人” 。ことみせスタッフも貴之さんからの伝授以降、上手に殻むきができるようになりました。

 

変わらない味で長年親しまれる、松ばやの人気お総菜

「昔ながらのおふくろの味をイメージして作っています」と貴之さん。

 

煮物や揚げ物、サラダなど、定番のお総菜は常時約20種類!

 

寒い日に特によく売れるのが、ふかしいも。熱々のさつまいもは、買ってすぐに食べても良いけれど、スイートポテトを家で作る時にそのまま使えるので、時短になっておすすめです。

 

味がしっかりと浸み込んだいか大根も定番です。

 

パック詰めもありますが、どれも量り売りをしているので「イカは抜いて大根だけちょうだい」なんていうオーダーにも応えてもらえます。

 

△調理と接客を担当する母の真生美さん。

 

自分で作るのはちょっと面倒な卯の花があるのもうれしいですね。

 

ポテトサラダは、お弁当の彩りにもぴったり!

 

 

日本の食卓でおなじみの家庭的なお総菜がそろう、砂銀の名物店。

おふくろの味が恋しくなったら松ばやへどうぞ!

 

 

※本文中の情報は2022年12月時点のもので、表示価格は税込みです。

松ばや の近くのお店

shopping_cartめがね・コンタクトレンズ

shopping_cart補聴器

restaurant_menu食堂・レストラン

restaurant_menu甘味

shopping_cart呉服・きもの

keyboard_arrow_up