大島で武蔵野うどん 「このうどん呑める!」

 

蕎麦前ならぬ「うどん前」

 

昨年8月にオープンしたばかりの新店「武蔵野うどん麦わら」さんを知ってから

「うどんで呑む」って全然アリ!と思っちゃいました。

 

 

 

お蕎麦食べる前にちょっと呑むことを蕎麦前というそうですが
あれ、うどんでもOKよ!武蔵野うどんならイケるよ!

 

 

 

武蔵野うどんとは

 

東京多摩地域と埼玉西部地域に伝わる郷土料理のうどん。

喉ごし、ツルツルを楽しむ「讃岐うどん」とは対角線上にある、「もぐもぐ、ごっくん」を楽しむとでもいいましょうか。

 

※定番の「肉つけ汁うどん」750円

 

 

太く、硬めの麺が特徴と言われており

肉汁に漬けながら食べる素朴な田舎のおうどん。

 

 

うどんそのものに濃厚な風味があって。お酒に合う!!

濃いめ甘めの肉汁も「満足感」があります。

 

 

おつまみ充実

 

 

「ここはうどん屋さんなのか?」
と首をかしげたくなるほどつまみも充実。↓これはほんの一部です。

 

 

 

「マイタケの天ぷら」(左)は中はジューシーで外はカリッ。
結構なボリュームで300円。

春巻きの皮にもんじゃを巻いて揚げた「カリアゲもんじゃ」(右)は、1つ100円。カレー味とソース味があります。

 

 

 

「まるでスイーツ天」(200円)その名の通りスイーツのように甘いお芋の天ぷら

 

 

揚げ物以外の一品料理もあり、「いぶりがっこみょうが和え」(300円)なんかはお酒のい~いお友達ですよねぇ。

 

 

 

 

300円台の品が多く、3品頼んでも1,000円いかないコスパの良さ!
そして、ちゃんと美味しく丁寧に作られております。

 

 

 

酒器だって・・・カワイイ。
こういうところに気持ちが行き届いて、お店もキレイ。

 

 

 

 

女子もたのしく気持ちよく「うどんで一献」できますよ。

 

 

 

カワイイ奥さまと、面倒見のいいアニキのようなご主人

一緒に営むアットホームな雰囲気は

「仲良くしていた夫婦が、うどん屋さんをはじめたらしいから様子見がてら遊びに来た」

という気分にさせてくれます。

 

 

 

東京にいながら食べられる、武蔵野の郷土料理。

大島の新しい名物になるのではないかしら?

 

※うどん本当に手打ちだよーー!仕込み大変そうだったよ!!

 

 

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/