女子会もひとり飲みにも!隠れ家ワインビストロ

木場駅近で、おしゃれな看板発見

オトナ女子にふさわしい「ひとり飲みにも居心地がいいお店」ないかな?

と、今日も仕事帰りの街をさまよう私。

 

あっ。

「深川pompette」。ポンペット…ってどういう意味でしょうか?

 

「お一人様でもお気軽にどうぞ!」だって。

 

少しだけドキドキしつつ、開いた赤いドアの先は。

 

 

クラシックフラワー柄のクロスを貼った階段。

 

パリの小さなアパルトマン…ってこんな感じなのかも。

 

 

 

真鍮貼りの、6席だけのカウンター。

ここに座ろう。

窓の外にはつぼみがほころびかけの河津桜が見える。

 

テーブルも2卓あります。

 

 

 

お姉さんでもあり、

お母さんでもあるような

 

ふわっと、やさしい笑顔の松本きよみさんが主人。

 

 

 

グラスワインと、軽くつまめるもの…この前菜の盛り合わせなんていいな。

 

ワインは自然派を中心に、松本さんがフランスで買い付けたものも。

 

 

 

素直なのに、複雑な味

 

手前は生ハムとイチジク、

奥が金柑の甘煮とブルーチーズのブリスケッタ。

 

 

果物のフレッシュさ × ハムやチーズの複雑な風味。

その甘じょっぱさのバランス。

 

中央はフェタチーズとオリーブ、トマトときゅうりをあえたもの。

 

奥は長ネギの粒マスタードマリネ。

 

 

 

れんこんやカボチャなど、冬野菜をぎゅっと焼き込んだキッシュです。

 

「旬のものが大好き」と松本さん。

 

そうそう、おいしいものを少しだけ、でもお腹は満たしたい。

自分では作れないような、ちょっと手の込んだ美しいものが食べたい。

 

…お酒好き女性のツボを心得てるなぁ。

 

 

 

ディテールも好き

 

たとえば、この古い窓枠。

お店の内装を手掛けたデザイナーさんが、パリから持ってきたもの。

アーティストでもあるその方は、パリに永く住んでらっしゃったそうです。

 

 

厨房の何気ない向こう側を、絵のように切り取ってくれます。

 

 

お母さまが刺繍したというのれん。

 

 

一つひとつに物語があって、あったかいんです。

 

 

さて、ほろ酔いになったので

 

もうちょいお腹に余裕アリ、

ワインもすこーし、グラスに残ってる。

 

でも、お料理ひと皿をオーダーするのは重いなってときに。

 

 

ゴルゴンゾーラのチーズケーキ。

 

ピンクペッパーが見た目にも味にもアクセント。

チーズのクセは消えて、コクと塩分がお酒にも合う。

 

 

ああ、いい夜だった…。

 

 

 

次来たときは、何食べよう

 

パスタもいいな。

 

ワイン好きなあのコを連れてきてシェアするのもいいな。

 

 

お酒が飲めなくても、ひとりでふらっと立ち寄ってお食事される方も多いそう。

 

 

Wifiもあるしね。

 

 

 

でも、やっぱり私は飲みたいなぁ。

 

だってここのお店の名前、

フランス語で「ほろ酔い」っていうんだそうです!

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/