バルで気軽にひとり飲み♪

ひとりでも家族と一緒でも楽しめるバル

 

仕事帰りにひとりチョイ飲み、休日には誰かとちょっとゆっくり・・・

シチュエーションを選ばず楽しめるのが、森下にあるItalian bar Riso

 

緑・白・赤のイタリア三色旗をモチーフにした明るい店内はお子さん連れもウエルカム。

壁面のベンチシートは、パパでもある店主・岡山佑二さんが小さなお子さん連れの家族も気軽に楽しめるようにとの思いから。

 

 

ひとりグルメ&飲みを楽しむのにちょうどいい、カウンターは店の奥に。

 

 

隅っこ好きとしては、この場所、落ち着きます。

 

さて、この日は、イタリア産の粉を使った自家製生地でピザを作ってくれましたよ。

 

 

 

 

まあるく薄く伸ばした生地に具材を乗せたら、これもまたイタリア国旗色。

 

 

高温の窯に入れて焼きあがったピザに細かく砕いたピスタチオをトッピングして、人気のピザ、ピッツァリーゾが完成しました。

 

 

デザートにも使われるイタリア産リコッタチーズの旨み、焼くことで甘みが出るジューシーなミニトマト、ぷりぷりした小エビ、粒々のピスタチオ、そして香り良いバジル。

味・食感を十分に楽しめて、お値段は700円(税別)というコスパの良さ。

 

 

いただきます!

 

 

シンプルだけど、ワインに合うおつまみ

 

 

岡山さんが手にしているのは、ブルーチーズ。

 

 

クセのあるブルーチーズは、そのまま食べてもワインに合いますが・・・

 

岡山さんは、ポテトサラダの味つけにしてしまいました。

 

 

ジャガイモとサツマイモで作ったポテトサラダに混ぜているので、甘味があり、ブルーチーズが苦手な人やお子さんにもおすすめですよ。

 

 

今度は誰かを誘って行きましょうか。

 

 

 

※本文中の情報は2017年3月時点のものです。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/

森下で、週に2回のバル通い

 

こちらのオシャンなお店は、2013年に森下に姿を現した「Italian bar Riso」

IMG_1279 (478x500)

 

「森下に、こんな店ができるの待ってたんだよ〜」

「よくぞ、この街に来てくれたね〜」

 

なんて、お客さんによく言われるそうで、

それを聞くたびに、オーナーシェフの岡山佑二さんは「オープンしてよかったなぁ」

と思うそうです。

IMG_1250 (387x500)

 

 

リーズナブルすぎて心配になっちゃう?

サッコロッソというイタリアでよく使われる粉を使い、550度まで上がるピザ釜で焼き上げたナポリ風のピザがイチオシ!

 

DSC_0505 (500x332)

まずはマルゲリータでしょ。なんと500円!

 

こちらは、お店のオススメ。

小エビ、トマト、モッツァレラチーズ、リコッタチーズ、ピスタチオが乗った
ピッツァリーゾ 700円

 

DSC_0514 (500x332)

 

 

パスタは880円から、美味しそう!

 

DSC_0524 (500x332)

 

 

生ハム、サラミ、モルタデラ盛合せ、880円っと。ワインのおともに・・・。

DSC_0499 (500x332)

 

その他にも、あったかい前菜、冷たい前菜と各種取り揃えており、

小エビのアヒージョやバーニャカウダなどが人気だそうです。

 

 

「こんな値段でやっていけるの?」

と、オープン当初は、友だちや同業者に心配されたそうですが、

「自分が行きたくなるようなお店」=「気軽に行けるお店」

と、いうことで、リーズナブル、かつ入りやすいってところを妥協しなかったそうです。

 

 

 

イタリア風な店内はカウンターもあって

 

IMG_1228 (500x333)

 

ここでちょいと飲んで、軽くつまんで帰る「これぞバル」って使い方をするレディもいたり

 

こちらのテーブルで家族でワイワイピザを食べる人もいたり、シュチュエーションを選ばないところもいいですね!

IMG_1224 (500x317)

 

 

年に1回、特別な日の贅沢として行くお店ももちろん素敵ですが、

外呑み好きとしては、お財布に優しく、週に2回行けるお店ってありがたい。

 

DSC_0552 (500x332)

「こんな店ができるの待ってたんだよ〜」

と言った方も、きっとそう思ったんじゃないかな?

 

※写真中の商品の価格は2015年4月時点のものです。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/