あの人の笑顔がステキな理由は痛くない靴にあり?

さよならできる・・足の痛みと♪

 

見た目で選んで買った靴、一日履くと痛みが出たり、早く脱ぎたいと感じたり・・靴選びで後悔することありませんか?

足が痛いと笑顔もくもりますよね(-“-)

 

知って良かった!そう思ったのがこちらのお店。

砂銀にある、「シュースタジオ グリュック」です。

 

店主であり靴職人の松井璋(あきら)さん。

 

DSCF0553 (400x267)

 

ドイツの国家資格を有するオートペディシューマイスター(整形靴の職人)と呼ばれる先生に、整形靴の作り方を学んで20年。今も学び続けているそうです。

 

店内はコンフォートシューズがずらり!

 

DSCF0561 (400x267)

 

歩行が困難な、障害を持つ方の靴もありました。

 

DSCF0508 (400x267)

 

DSCF0540 (400x267) (400x267)

 

 

 

無料で足型測定

 

機械で足を測定して、自分に合った靴選びを提案してくれます。

 

DSCF0559 (400x267)

 

パソコンで詳しい数字がわかります。

 

DSCF0551 (400x267)

 

ワタシも測定していただきました(^^;

 

DSCF0579 (400x267)

 

22.5EEEの靴を選ぶと良いそうです。

 

DSCF0580 (400x267)

 

「地面にあたる部分が少ないから、土踏まずの上のところが痛くなるでしょ」

まさに!「はい、そうなんです」

骨格標本でわかりやすく説明も。

 

DSCF0510 (400x267)

 

足に合ったインソールを使うのがおススメだそうです、ハイ。

 

 

 

快適に歩くために

 

DSCF0519 (400x267)

 

ひとり一人の足のデータ、これをもとにインソールの調整・製作はもちろんのこと、オーダーメイドで靴を作るそうです。

店の奥にはいろんな機械や道具が。

 

DSCF0529 (400x267)

 

DSCF0535 (400x267)

 

DSCF0531 (400x267)

 

DSCF0526 (400x267)

 

型を使った伸ばし加工は500円から。

 

DSCF0522 (400x267)

 

「外反母趾で痛みがある人にはこれを使うよ」と松井さん。

 

DSCF0525 (400x267)

 

DSCF0523 (400x267)

 

 

 

フスフレーゲ

 

フスフレーゲ(タコ・ウオノメ・角質・巻き爪などのケア)つまり、フットケアは専門技術を持つ娘さんが担当。

この日も、立ちっぱなしの仕事と日課である愛犬との散歩で、足にタコができて辛いというお客様が、足のケアに訪れていました。

爪の手入れと、硬くなって痛みのある足裏の角質を取るという施術を、毎月1回欠かさないそう。

「痛くなるとここに来るの。おかげで足がラクになるのよ」と。10年以上通っているんだとか。

 

 

 

感謝されてます

 

「靴は歩行を助ける道具」

「靴選びは目の言うことを聞かず、足の言うことを聞け」

「3本足(杖利用)で来た人が2本足で帰っていく」

数々の名言を持つ松井さん。

 

「お客様からラクに歩けて良かったと、感謝の言葉をいただくのがなにより嬉しい」とのこと。

店内には感謝の手紙が店内のそこここに。

 

DSCF0537 (400x267)

 

DSCF0538 (400x267)

 

DSCF0539 (400x267)

 

 

ちなみに、ワタシが欲しいコンフォートシューズ(サンダル)はこちら。

ドイツ製です。色も綺麗でしょ♪

DSCF0560 (400x267)

 

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/