フォトジェニックなお花屋さん

 

清澄白河の小さなお花屋さん

 

フランス語で「小さな花屋」という意味の『プチフルール』。

その名前の通り、可愛らしいお花屋さんをご紹介します。

ワタシの写真で伝わるかどうか、わかりませんが

このお店、素敵過ぎてキュンキュンします。ワタシはキュン悶えしました。

 

th_DSCF1162

 

生花の他、本物そっくりの造花『アートフラワー』、生花の美しさが長期間楽しめるよう特殊加工をした『プリザーブドフラワー』、『ドライフラワー』を使ったアレンジメントを作り、販売しています。

 

th_DSCF1324

 

作っているのは、日本でフラワーアレンジメントという呼び方がまだポピュラーでなかった30年くらい前に、フラワーデザイン界先駆けの先生から学んだという、店主の熊田敏子さん。

お店のイメージ通りの、優しい雰囲気の女性なんですよ。

 

娘さんに頼んだという内装も素敵で、花の魅力を引き立てています。

 

th_DSCF1188

 

 

 

ヒラメキで作るアレンジメント

 

いくつかご紹介しますね。

 

定番の『プチアレンジ』1,620円は、「常時3種類くらい新作があるので、すぐにお持ち帰りできます」と熊田さん。

 

th_DSCF1322

 

花の種類を多く使いながらお値段がリーズナブルなので、贈り物だけでなく自宅用に買う人も多いそうです。

 

 

これ、好きです。唐辛子のリース。作ってから2年経って変色しているそうですが、それはそれでいい感じ。

 

th_DSCF1320

 

他にも、年月を経て、なんともいい味わいになった作品が飾られています。

 

th_DSCF1314

 

 

こちらは、生花で作ったリース型アレンジメント。

 

th_DSCF1167

 

色使いのセンスの良さは熊田さんならでは。

頭の中でひらめいたイメージを膨らませて、30分くらいで完成したそうです。

 

 

人気があるというユーカリのリース。

 

th_DSCF1213

 

ドライにする前のユーカリの葉も販売しています。

 

th_DSCF1304

 

 

熊田さんお手製の苔玉を使ったアレンジメントは、2,000円から。

 

th_DSCF1207

 

 

その時々によって花の種類は変わるけれど、吊るして楽しむアレンジメントは『ハラン包み』と命名(1,300円〜)。

 

th_DSCF1326

 

切り花用給水ゼリーが入った袋を容器にして、ハランで上手く隠しています。

 

th_DSCF1285

 

水を替える必要もなく、花が長持ちするそうですよ。

 

 

アートフラワーを使ったフォトフレームのようなアレンジメント(4,320円)。

カードを挟めるようにしたのは熊田さんのアイディア。

 

th_DSCF1204

 

プレゼントにいいですね。ワタシは母の誕生日に写真かカードを添えて贈りたいと思っています。

 

 

週に2〜3回、熊田さんが市場で仕入れるという、珍しい切り花たちにも注目です。

 

th_DSCF1305

 

th_DSCF1301

 

 

あまりに素敵すぎて、ここで写真を200枚くらい撮りました。

写真展をやりたいくらいです。

皆さんもぜひ足を運んで、キュンキュンして下さいね。

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/