まるでおもちゃ箱☆乙女心くすぐる雑貨がズラリ

清澄白河駅から徒歩約10分。
資料館通りを1本入った路地に佇む

 

少女地獄雑貨店「Inferno zero」

 

2017年4月に深川に移転オープンしたばかりの、

知る人ぞ知る雑貨屋さんです。

 

その過激な店名から、一体どんなモノが置かれているの?

 

とドキドキしながらお店に入ると、
ご自身の猫ちゃんが被写体の絵葉書を持って迎えてくれたのは
オーナーでアーティストのなまこさん。

 

 

 

本日は和装ですが、その日の気分で様々な装いなのだそう。

 

そして店内には、メイドや巫女さん、ナースなどのコスプレ衣装もズラリ。

 

 

ライティングペンダントに、

 

女子小学生にも人気だという手芸グッズ、

 

ラブリーな髪ゴムはヤングマダムに好評。

 

そして!

古き良き昭和の駄菓子屋さんのおもちゃたち。

紙石鹸に、

 

ポリバルーンに紙ふうせん、

 

ビー玉におはじき。

 

昭和生まれにはたまりません!!

 

 

そのほかガーリーな古着や

 

ポーチなどなど、

 

あれれ、店名のイメージとは裏腹な、

女子の心わしづかみ!なグッズが並んでいるではありませんか~。

 

「私が好きなモノを集めたらこうなったんですよね」となまこさん。

 

そんな乙女心くすぐるグッズに紛れてこんな商品もちらほら。

 

目玉の髪ゴムやソックス、

 

 

ダークな可愛さがいい!

 

アーティストなまこの作品の数々

 

そして忘れて忘れてならないのが、なまこさんの作品の数々。

こちら、オリジナルプリントのタンクトップとTシャツ。

 

 

そのほかトートバッグ、キーホルダー、缶バッジなど、独自の色使いとタッチ、ちょっぴり毒のあるテーマが魅力のなまこ作品が揃ってます。

 

「世の中キレイなものばかりだとつまらないでしょ?ダークなものがあるからキレイなものも存在価値が高まるというか。ちょっぴり皮肉も込めて作ってるんです」。

 

そんな毒可愛さが真髄のなまこ作品、ぜひお店にいって探してみてくださいね!

 

アーティストとして絵画や写真、そして小説も手掛けているというなまこさんの世界観がぎゅっとつまったこちらのお店。

 

なまこさんのアーティスト仲間の作品の販売や、その展示も行われているほか、

 

レンタル販売スペースも用意し、

これから世にでたいという作家さんの活動を応援しています。

 

 

 

定期的に企画展示も予定していて、

6月7日(水)~11日(日)にはお友達の写真家による「にゃん展」を開催予定。

 

アーティストの卵たち、アングラサブカル系の方々だけでなく、
近所の小学生とそのママたち、そしておばあちゃん、時にはおじいちゃんも孫へのプレゼントを買いに訪れるという、なんとも懐の深い雑貨屋さん。

 

 

ガーリーからゴスロリ、昭和まで、いろんなお宝が詰まっている摩訶不思議ななまこワールド、一度行けばクセになること請け合いです。

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/