マイリストに入れるべき店

旨味たっぷりのご当地グルメを、たまには

旅に出たい—-
煩雑な日々を過ごしていると、そんな考えが頭をよぎるもの。
TVやネットで見た風景・グルメに想いをはせるのももちろんだが、
「この町の食」に目を向けてみるのも
ある意味、「旅」を感じられることかも。

江戸期、海はすぐそこ、漁師町だったこのエリア。
あさりDSC03369

ぷっくぷくのアサリでささっと食べられる豪快飯は
江戸庶民を支えたエネルギーの源。

 

深川江戸資料館のお隣のブロックにある
【下町食楽酒房 いちばん星】の「深川めし」(1,050円)は

深川めしDSC05358

昔ながらのぶっかけ風。
観光客はもちろん、今なお地元の人にも愛されるおいしさ。

都心にいたって旅気分。
舌に広がる歴史が培った味。

 

 

「何料理?無国籍、洋食が多いかな」

「深川めし」を大事に考えているこちら。
では和食のお店?と思いきや、
どちらかと言えば洋食メニューのラインナップが。

だって見てください。
ポークステーキDSC05319

店主の宮﨑勇生さんイチオシの
「厚切りポークソテー バター醤油味」(1,200円)は
日本人なら誰でも目を細めるちょっと甘め香ばしいソース。
「ガーリックトースト」(500円)と一緒に食べる人が多いとか。

 

ビールが進んでしまう、

チーズトーストDSC05315

「アンチョビチーズトースト」(650円)。
アンチョビの塩加減がちょうどいい塩梅。

 

昭和の香り、

パスタDSC05305

「スパゲティー ナポリタン」(800円)。
この見た目、ウインナーの姿、ケチャップの香り・・・
日本人が生んだ、日本人のための懐かしスパゲティ。

 

お酒とともに楽しめる無国籍な夜もいいけれど、
ランチタイムだっておいしい定食がいっぱい。

ハムカツDSC06616

「三角ハムカツ定食」(600円)は厚切りハムをサックサクに揚げて。
庶民でいい、庶民で何が悪い、庶民で良かった!
って、このおいしさを噛みしめながら思うこと間違いなし!

内観DSC06612

だから連日、ランチも盛況。
男性にも、女性にも、親しまれる
昼でも夜でも使いやすい、アットホームな雰囲気。
「一軒知っておきたいな、」ってお店ですよ、ぜったい。

 

※記事中の料理価格帯は2015年3月のものです。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/