「ことみせ街ゼミ」家庭でできるクリーニングの基礎知識講座

お店でゼミ、講師は専門知識を持つ店主さんやお店のスタッフ。

 

そんな『街ゼミ』を2015年2月発行の情報誌ことみせvol.5の企画として、初開催しました。

 

今回一緒にタッグを組んだのは、衣類のしみ抜きに特化した、亀戸にある「会員制クリーニングベレーナ本店」です。

 

DSCF9642 (500x333)

 

店の前には亀戸南公園があります。

 

情報誌にも掲載されていますが、内容はコチラ↓

 

image-0001 (354x500)

 

ポスターやチラシを各所に貼ったり配ったりの周知活動も「街ゼミ」には欠かせません(^-^)

 

DSCF9641 (500x457)

 

講師は、クリーニングの達人、小林悟さん。

 

DSCF9690 (500x333)

 

 

けっこうおちゃめ・・(笑)

 

おっと失礼・・

 

DSCF9688 (500x333)

 

講座はまじめに・・「では、よろしくお願いします!」

 

DSCF9646 (500x333)

 

小林さんが作った、わかりやすいテキストを見ながら、レクチャーを受けます。

 

DSCF9647 (500x333)

 

今日の「街ゼミ」は、家庭にあるものでできるワイシャツの襟の汚れ落とし。

 

まずは、講師の小林さんがお手本を見せてくれます。

 

DSCF9649 (500x333)

 

「襟の汚れは皮脂なので脂汚れに効果のある、家庭にある台所用洗剤を使うんです」

 

台所洗剤を水で薄めて混ぜ、歯ブラシで汚れたところを優しく生地を傷めないようにトントン、コシコシ。

 

一度、軽く水ですすぎます。

 

DSCF9653 (500x333)

 

次はいよいよ魔法の漂白剤作り・・と言ってもすごく簡単。

 

重曹と液体の酸素系漂白剤を1:1で混ぜるだけ。

 

どちらも市販品です。

 

DSCF9654 (500x333)

 

手荒れ予防にゴム手袋が必要。

 

こんな感じ。綿棒も用意して。

 

キリヌキ_漂白剤_DSCF4624 (500x333)

 

汚れたところに、この「魔法の漂白剤」を付けながらトントントントン。

 

大_DSCF4564 (500x333)

 

トントンしたところに蒸気をシュ~っと。

 

2_蒸気_DSCF4569 (500x333)

 

泡がぶくぶく・・繊維の奥の皮脂汚れが泡と一緒に浮かび上がってきます。

 

3_ぶくぶく_DSCF4592 (500x333)

 

「家庭ではアイロンの蒸気でOKですよ」と、小林さん。お手本を見せてくれました。

 

 

DSCF9657 (500x333)

 

さあ、いよいよ参加者もやってみます。ご主人のワイシャツを持ってきた主婦の方です。

 

DSCF9665 (500x333)

 

小林講師の説明を聞いてわかったつもりでも、実際にやってみると・・・

「あれ?こんな感じでいいのかな?」「大丈夫ですよ」

 

DSCF9666 (500x333)

 

その他、ダウンジャケットの洗い方なんかも聞いちゃいました。

 

DSCF9674 (500x333)

 

「ダウンジャケットを洗濯して、ふんわりさせたいならコインランドリーを使うといいですよ」と、小林さん。裏ワザを教えてくれました。

 

まず自宅で干したダウンジャケットをコインランドリーでさらに乾燥させると、中の羽毛のひとつひとつが乾いてふっくらと仕上がるそうです。

 

最後に・・魔法の漂白剤を使わずにワイシャツのエリをキレイにする、とっておきの方法を教えてもらいました!

 

「入浴の時に、その日に着たワイシャツの襟を、風呂の湯と食器洗い洗剤をまぜたもので歯ブラシを使ってこすって洗っておくんです」

 

皮脂汚れを早く落としておけば、その後は普通の洗濯でも大丈夫なんだそうですよ。

 

お父さんにも協力してもらいましょう!

 

 

その他、Q&Aにも答えてくれた小林さんの充実した『街ゼミ』に、参加者もことみせスタッフも大満足!

 

 

 

お疲れさまでした(‘◇’)ゞ

 

DSCF9691 (500x333)

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/