夏に向けて甘酒が人気です。

 

 

甘酒は夏の飲み物

 

初詣などで屋台で買い求めた
あったかい甘酒をちびちび飲んだ記憶からか

甘酒って冬のお酒だと思っておりました。

が!!

見て!!

 

 

 

じつは夏の飲み物!

そして厳密に言うとお酒でもない
アルコール度数1%未満!!

 

こちらは、常盤にあるシブい老舗酒店「田口屋」さん

 

 

 

 

最近は、春から夏に冷たくした甘酒を飲む人も増えてきており

ひとりで5~6個買っていく人もいるそうです。

「甘酒って、俳句では夏の季語ですよ」

店主の飛田さんも教えてくれました。(1個110円)

 

 

 

 

現代人が不足しがちなアミノ酸などが豊富なため

「飲む点滴」と呼ばれているという甘酒。
江戸時代から続く「栄養ドリンク」みたいなもんですね。

 

 

田口屋さんの店前にある
これまたシブイ角打ちスペースで

江戸気分を感じつつちょっと頂いてみましょう・・・

 

 

 

 

 

なるほど、清涼飲料水のような爽やかさ。うん、美味い!!

 

 

 

 

 

こちらでちょいと栄養補給&休憩をしたらば

頑張る気力がみなぎってきました(^^)/

 

 

 

※こちらの角打ちスペース
クラフトビール好きから絶大な支持を集める
「TOKYO BLUES」が400円で飲めますよ。

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/

笑う門には「田口屋さん」

江戸情緒感じる街、森下。

行き交う人の目と足を、ふと止めさせる佇まいのお店があります。

IMG_9175 (600x379)

創業明治20年の風格!
まるで、ここだけ違う空気が流れているような・・・

 

店内もシブイです!

IMG_9102 (600x397)

ワイン、ウイスキー、日本酒、焼酎。
豊富なのは、見ての通り。

IMG_9110 (600x417)

 

でも、こちらのお店だったら、やっぱり日本酒とかを買いたくなってしまいます。
日本酒は80種類ほどあるそうな。

IMG_9162 (600x387)

 

 

お?これ、可愛らしいじゃないですか♪

IMG_9093 (600x429)

レトロラベルの小さい日本酒
フタを開けて、このまま湯煎すれば熱燗になるというすぐれもの。
(250円〜270円)

大きさはこれくらい(隣りは一升瓶です)
ちょっとだけ飲みたい時にもいいですね!

IMG_9106 (433x600)

外国の方のお土産にも喜ばれるそうですよ。

 

 

こちらの4代目を担うのは、飛田良則さん。

「お酒を飲む場所には笑顔がありますよね。
人を笑顔にする美味しい、いいお酒を提供してゆきたいです。」

店主_IMG_9134 (428x600)

 

お手に持つのは、
蔵元から探して独自開発してもらったという芋焼酎「黒壱」
2008、2009、2010年、モンドセレクション金賞を3年連続受賞。

人気商品です!

 

角打ちコーナーもいい味出してる!

最近では珍しくなった、角打ちができます。
不要になった酒樽などを利用して作ったというこのコーナー

IMG_9120 (600x422)

 

店内で買ったものをこちらで飲むのもOKですし
生ビールを2種類提供もしています。

IMG_9124 (409x600)

「エビスビール」(350円)東京のクラフトビール「TOKYO BLUES」(400円)

 

このあたりに点在する松尾芭蕉ゆかりの地などを散策してここで1杯・・・
いやはや、いい時間を過ごせそうな予感しかしません!

IMG_9116 (600x432)

笑う門には福来ると言いますが、

こちらの通りのカドには、お酒で人を笑顔にする田口屋さんが
美味しい生ビールとともに皆様をお待ちしておりますよ。

 

※写真中の商品の価格は2015年10月時点のものです。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/