牡丹町で大人女子の行きつけバー、見つけた!

一人でふらりと行ける、行きつけバーがあったらいいな。
そう思いながら江東区に住み始めて1年半、ついに理想のバーとの運命の出会いが♡

 

牡丹町商店街から少し入ったところにある

 

Bar MAA

 

以前、こちらを訪れたことのあることみせスタッフから「女性が一人でゆっくり飲めるよ」と聞いていた通り、女性が楽しくおいしく飲める店♪

 

 

この道40年、シャツをステキに凛と着こなすママ、和田百合子さんが時に人生の大先輩として、時に姉のように、温かく迎えてくれます。

 

一流のバーを営んできた和田さんだけに、落ち着いた空間も、供されるお酒も、全て上質。でも肩ひじ張らずにゆったりと過ごせるなんとも居心地のいい空間。

 

まずはMAAの代名詞でもあるジントニック(1,000円)を。
ライムが爽やかに香る、洗練の味です。

 

 

「2杯目からはウィスキーという人が多いわね」。
マッカラン、グレンフェディック、ジャパニーズウィスキーの希少な年度モノなど通好みの銘柄も揃っています。グラス1,000円~。

 

 

 

見目麗しいつまみたち♪

 

お酒がおいしいのは言わずもがな、特筆すべきは1杯ごとに、お酒に合わせて出してくれる料理。「女性に楽しく飲んでもらいたくて」と、カウンターに出されたのは旬の野菜を多用した、彩も美しいお皿。

 

MAAのサラダ

 

 

今日は赤カブと大根、リンゴが入ってます。玉ねぎが効いた自家製ドレッシングが美味。

赤カブのマリネはピンク色の見目麗しいビジュアルが女子受け抜群!

 

こちらは乾燥こんにゃくを醤油、おだしなどで味をつけ柚子の香りを利かせた、男性にも人気の一品。乾燥こんにゃくの弾力ある独特の食感にハマる人続出だそう。

 

 

その他手作りチーズの味噌漬けなど、ほとんどの料理が和田さんの手作り。そしてどれも抜群においしい。こんなにヘルシーに飲めるバー、なかなかないですよね!

 

「お一人で来店される30~40代の女性が多いですね。ここで仲良くなって女子会になっちゃうこともよくありますよ」。

 

バーにして女性客が6割越えという女子率の高さ。

 

おいしいお酒と、自家製の気の利いたヘルシー料理、そして和田さんとの会話…。

大人女子が集うのもうなずけます。

 

 

疲れた時、嬉しい時、ひとりで飲みたい時。

いつでも温かく迎えてくれる心のオアシス的存在。

仕事や子育てで忙しい女性にこそ、こんな行きつけバー、おすすめします!

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/

小さなバーで過ごす贅沢な大人時間

門前仲町駅のある永代通りから、大横川を渡った牡丹町にあるバー『Bar MAA』。

 

 

店名の『MAA(マー)』とは、中国語で「お母さん」の意味。

落ちついた佇まい、おいしいお酒、この店のオーナーで母のような和田百合子さんを慕い訪れる常連さんも多い。

 

 

「初めてうちに来た人には、まずこれを飲んでほしい」と、和田さん。

それは、ジントニック(1,000円)。

 

 

使うのは、ジン、トニックウォーター、ライム、氷。

いたってシンプルでポピュラーなカクテルながら、作り手の技量が試される1杯。

いつ来ても変わらない「おいしさ」「飲みやすさ」は、この道40年という和田さんならでは。この店でもっとも多く飲まれているカクテルだそう。

 

ピンクジンを使えば、女性好みの1杯に。(1,200円)

 

 

「女性が入りやすい店にしたい」という、その言葉通り、この日もカウンターには女性の常連さん。最初の1杯は、やはりジントニック。

 

お近づきのしるしに軽くご挨拶。

 

 

牡丹町でBar MAAを始める前は、銀座や霞が関に店を持ち、多くのバーテンダーを育てた和田さんが、「地元でのんびりやりたい」と、都心の店を人に任せ、ここへ移ったのが2012年。

 

「オーセンティック(正統派)にしたくない」と、バーの常識を覆すように、店内は全面禁煙。その理由は「おいしいお酒を飲むため」。

「タバコを吸いたい人は外で。冬は寒いから、かわいそうなんだけどね」

 

特徴はもうひとつ、メニューがない。

1杯ごと、そのお酒に合うつまみを和田さんが選んで出すスタイル。何が出てくるのかわからない、それも楽しみのひとつ。

このつまみにも定評がある。市販の乾きものは使わず、ほとんどが自家製。チーズやナッツも。

 

この日、最初に出たのは、チーズのピンクペッパーのせと、豆腐の味噌漬け。

 

 

旬の野菜や果物も使うとあって、カウンターにいた男性客にはぶどう(巨峰)が。

 

お酒はもちろん、つまみも楽しみ。母のような、先輩のような、友人のような和田さんに会いたい、そんな常連さんがポツリポツリと訪れる小さなバー。

 

ひとりで飲みたい、だけど誰かと話したい、そんな時、思い出してほしい。

リーズナブルながら贅沢な大人時間が楽しめる店がここにあることを。

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/