restaurant_menu バー

theBAR(ザ バー)

place東京国際クルーズターミナル駅2B出口から徒歩5分

天空にたたずむ、隠れ家バー 「theBAR」

公開日:2022年3月7日

※取材時点の料金から変更している可能性があります。最新の情報はお店にお問い合わせください。

 

東京の空に浮かぶ大人の隠れ家

東京屈指のウォーターフロントエリア、江東区青海。最大級のデザイナーズオフィスビル 「the SOHO」 の最上階、13階に「theBAR」は位置しています。店内に入ると、眼下にはウォータフロントが広がり、見上げればどこまでも広がる天空に迎えられます。息を飲むほど美しい空間です。

 

こちらのバーが入居するビルは、著名な大学教授が設計を手掛けたこだわりのデザイナーズオフィスビル。建築家とデザイナーの思い入れが凝縮した建築デザインと交通アクセスが魅力で、多くの企業がオフィスを構えています。

このオフィスビルに集う人々のための、入居者専用バーとして、14年前にオープンしました。今なお、さらに付加価値を創り出し、多くの人々が憧れ続けるtheBAR をご紹介いたします。

 

theBAR

△都内屈指のデザイナーズオフィスビル the SOHO の最上階にtheBAR があります。

 

theBAR

△入居者以外の方は事前予約が必須となっています。theBARの営業時間は、午後5時から深夜の11時まで。都会の喧騒から離れた、この特別な時間と空間をぜひ体験してみてください。

 

theBAR

△ロビーには有名写真家の華やかで彩色豊かなポートレートが大きく飾られ、本棚に並ぶ貴重本が重厚さを醸し出しています。中央には、重量感のあるビリヤード台が置かれ、この豪華な空間をまとめ上げています。

 

theBAR

△最上階まで吹き抜けのビルエントランス、建築家やデザイナーの華麗な協働により完成した素晴らしい建築です。

 

このthe SOHOは、店舗デザイン、プロダクトデザインなどの分野で著名な大学教授が手掛けた、オフィスビルとして注目される建築です。こだわりの詰まったthe SOHOは、後世に残る圧巻の仕上がりとなっています。

 

theBAR

△欧州のハイクラス家具で統一されたバー・ラウンジコーナー

店内にあるソファはすべてヨーロッパから取り寄せてブランドを統一。Bar全体の景色をまとめてくれています。ソファカバーは特注で、お店の雰囲気に合わせて誂えたそうです。居心地も座り心地も満点です。

 

◆thaBARのご来店にあたって

基本はオフィスビルの入居者のためのBarとして、営業を行っていますが、雑誌や映画のワンシーン、ドラマのロケ場所になることで注目が集まり、利用を望む声が多数寄せられたそうです。そこで入居者以外の方も、2日前までの事前予約により利用できるようになったとのことです。

 

詳細はこちらのリンクを確認ください。予約はウェブのみの受付です。ビルセキュリティの関係上、当日予約、お電話での予約には対応していません。ここだけの話ですが、オフィスビルへの入居の検討にあたって、こちらのthaBARが利用できることを重視される企業様もあるんだとか。

 

◆お店のイベント利用について

イベントスペースとして時間貸しやスチール等の撮影で貸し切りも行っているそうで、こちらもお申し込みはウェブから。一般の方へのBerタイムの貸し切りに関しては、ウェブ上から事前相談をお願いしているそうです。

 

 

こだわりのウィスキーを

ウィスキーの種類は常時250種類以上を取り揃えていて、世界各国のウィスキーを堪能できます。レアで貴重な限定ウィスキーも楽しめます。もちろん、誉れ高きジャパニーズ・ウィスキーも様々な年代を取り揃え、一列に並べられた景色は圧巻です。

 

ウィスキーには欠かせない「丸氷」にもこだわりがあります。たかが氷と侮るなかれ、こちらでは水からこだわった氷をオーナー自らアイスカッティングしています。多くのBARでは氷を外注しているそうですが、ウィスキーの味に氷のクオリティーがダイレクトに影響するので、手を抜けないとのこと。

ワインに関しても、オークション等で出回っているもの以外、市販されているワインのほとんどがお店のセラーにあるそうです。玄人好みのバーボンも数多く取り揃えており、人気です。

 

theBAR

△壮観! 250種類以上のウィスキーと圧巻のジャパニーズ・ウィスキーは100本以上あります。

 

theBAR

△希少な限定ウィスキーもご用意しております。

 

theBAR

△透明度が高く溶けにくくウィスキーと相性のよい「丸氷」はオーナー自らお店で仕込んでいます。

 

お店のこだわりの数々

theBAR

△芸術的なカッティンググラスで至高の一杯を。ヨーロッパから取り寄せた高級グラスの数々で好みのウィスキーを心ゆくまでお楽しみください。ハンドカッティングのボへミアグラスなどお飲み物に合わせて提供されます。

 

theBAR

△まばゆくキラメク高級グラスと我らジャパニーズウィスキーが端正に並んでいる姿だけでも一見の価値があります。

 

theBAR

△ウィスキーだけでなく、カクテルもお楽しみいただけます。オーナー自らシェイカーを振ってくださいます。こちらのグラスは、フレッシュなライムとミントを添えて、これからの季節にピッタリです。

 

theBAR

△実はジンも充実しています、飲み比べてお気に入りのジンを見つけてみては?

 

theBAR

△落ち着いた、静かな空間。

 

雑誌の撮影等でも多く利用されているtheBAR。あなたもどこかで見かけているかもしれません。BarタイムはLo-Fiミュージックが流れ、日頃の激務からチルアウトするには最高の空間です。

お客様の中心は、ビルに入居しているオフィスにご勤務されている起業家やビジネスパーソンが占めています。1日の仕事が終わり、オンからオフへと切り替えるために立ち寄る方、接待の場としてご利用される方もいらっしゃいます。

中には、かつてこのオフィスビルから起業し、事業を拡大された方が、当時を懐かしみながら記念イベントを催すこともあるそうです。そんな時は当時の思い出に浸りながら、落ち着いた雰囲気の中で上質なひとときを過ごしていることでしょう。

 

theBAR

△大人の隠れ家BAR。嗜みのひとつかもしれません。

 

theBAR

△窓の外では映画のような光景が広がります。

このtheBARでは窓の外に広がる絶景も魅力です。

停泊しているクルーズ客船が出港する19時になると、誰もが憧れる豪華客船がお店の前で旋回し出港していく様子が見られます。その光景はまるで映画のワンシーンのよう。出港の汽笛が鳴ると店内にて拍手が自然と湧き上がるそうです。夕暮れ以降は、海の向こうに広がる東京の夜景を堪能してください。

 

theBAR

△写真:店舗提供

 

theBAR

△写真:店舗提供

 

もうひとつ、こちらには360度の開放的な眺望を楽しめる展望ラウンジがあります。この天空に浮かぶ空間でプロポーズをする方もいらっしゃるんだとか。

そんな特別なイベントのお手伝いをオーナーは今後のサービスの展開として、ひっそりと考えられているそうです。

 

theBARのこれからは・・・

オーナーからこれからのtheBARについてお聞きしました。

ビルの入居者様に楽しんでもらうことを第一と考えております。ですが、一般のお客様にも「theBAR」にて、大切な時をかけがえのない人と素敵な思い出づくりにご来店して頂ければと思っています。

もちろん、商用撮影やイベントでのご利用も随時承っていますので、詳しくはウェブサイトを通して事前にご連絡を頂きたいと思います。心より皆様のお越しをお待ちしております。

 

 


※2024年4月取材時の情報です。料金や営業時間などが変更になる場合がございます。詳細は必ず店舗にてご確認ください。

※記事中の金額は全て税込みの価格です。

 

theBAR の近くのお店

restaurant_menu食堂・レストラン

restaurant_menu日本料理

restaurant_menu居酒屋

keyboard_arrow_up