住吉の福どらでワークショップ!オリジナルどら焼き作り体験!

2月某日。

 

ことみせは住吉にある「菓子工房 福どら」さんとコラボして、オリジナルどら焼きのワークショップを行いました!

 

と、いうことで、普段は入れない福どらさんの地下工場に潜入!

 

作業台には、

 

 

バラエティ豊かな材料が並びました。その中には……

 

 

三幸苑」さんのギョウザや

 

パティスリー コラージュ」さんの割れちゃったから・・っていただいたクッキーにロールケーキ

 

筑定」さんの小女子の佃煮

 

Artichoke」さんのカカオ豆、といった「ことみせ」登録店さんの品々も!

 

福どらの店主・小西太さんも、

 

 

どら焼きの皮の他に

 

 

あんこに生クリーム、さくら餅の皮、ハム、レタス、スライスチーズ、ポテトチップスなどを用意くださって、

 

極め付けは

 

 

納豆!

小西さん自らまぜまぜ…

 

 

 

さぁ、オリジナルどら焼き作りスタート!

 

まずは材料を吟味して、それぞれ好きな具材を手にしました。

 

 

生クリームに砕いた板チョコといった、絶対おいしい組み合わせで助走をつける参加者もいれば……

 

いきなり

 

 

あんこにバナナ、小女子の佃煮の上に生クリームをたっぷりといった冒険者も!

「ちょっと早いバレンタインで、会社の先輩に食べてもらいます ♡」だそうです(笑)。

 

 

さて今回は、中学生も2名参加しておりまして。

ハート型のグミを生クリームに載せて、

 

 

割れちゃったクッキーを配置して、

 

 

お布団から足が飛び出したクマちゃんどら焼きを作成!

キュートっ!!

 

 

みなさん、素材をアレコレ組み合わせるのが本当に楽しい様子で、

 

 

「これとこれ、合わせたらどうだろう?」

「それ、キワモノ過ぎない?」

「これ絶対おいしいのだよー」などとワイワイ!!

 

生クリームとヨーグルト、ミカンにバナナといった王道おいしい系や、

 

 

クリームチーズに大豆と小女子の佃煮を合わせたり。

 

「見て見て!」って声が上がります。

 

そして冒険者は見つけてしまった!

納豆があることを……

 

 

あんこの上に大豆をパラパラ、そして納豆ON!!

ちなみにこの後、ヨーグルトも載せていました。誰が食べるんだろ〜

 

 

案外イケる!?

 

 

レタスをマヨネーズで味付けして、ドンとギョウザを一つ。そしてハム。

 

 

断面もきれい!これは早速、小西さんが試食。

 

「ファストフードのメニューみたい!おいしい!!」と大絶賛。

どうでしょう、福どらの新作メニューに入るかしら?

 

 

そうこうしていると、小西さんと親しい近所のカフェ&バルのシェフが登場!

早速さっき作った「あんこ・納豆・ヨーグルト」を試食していただきました。

 

 

感想は……「すごいことしましたね〜」

会場爆笑!

「納豆は、やはりご飯と食べたい・・」だそうです。

 

 

ちなみに、ブルーチーズやサンマのショウガ煮なんかを持ってきてくださいました!シェフ、ありがとうございます!!

 

 

ワークショップにも参加してくださって、ブルーチーズに生クリーム、マーマレードにカカオという、「さすがプロ!」というラインナップ。

あまりのおいしさに参加者もマネして作っていました!

 

 

さて、お開きの時間も近くなり、

 

 

おいしそうな(一部チャレンジングな)どら焼きがみんなの前にはいっぱい。

参加した中学生たちも「なかなかできない経験ができて楽しかったです」と満足の様子。

 

 

やっぱり自分で作ってみると楽しさもおいしさも倍増しますよね。

今回のワークショップから、もしかすると福どらさんの新メニューが生まれるかもしれない!

そんな期待もちょっと感じられたひとときでした。

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/

どら焼き専門店で春の甘い花が満開!

 

 

梅の花や少しだけ暖かくなった陽ざしが

春の訪れはすぐそこだよと告げている今日のこの頃ですが

 

 

 

和菓子の世界では、すでに春の甘い花が満開!

ここは、住吉にあるどら焼き専門店「菓子工房 福どら」さん。
2月現在、春の気分を盛り上げてくれる美味しいお菓子がたくさんありました。

 

 

 

 

まずはさくら餅

 

 

3/3の桃の節句をピークに
販売終了時は「適した桜の葉が採れる日まで」というなんとも風流なお菓子。

日本人ならではの感覚が生み出した美味です。

 

 

耳たぶのような柔らかさ、しかしモチモチした生地と
さらりと甘すぎないこし餡で人気です。

 

 

 

桃の節句には
お孫さんに可愛らしいお菓子を贈りたくなるのが「おばあ様ゴゴロ」ってもの。

 

食べる時までちょっと飾っておきたくなるような

キュートな飴ちゃんや霰やクッキーも売り場を彩っておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

桜のフィナンシェや桜のゼリーも!

 

 

 

 

こんな手土産を持ってこられたら

「やるなぁ!」と一目置いちゃうな。春を楽しむ気持ちを分けてもらった気分になりますもの。

 

 

 

そして、絶対に食べておきたいのがこちら!

「ほほえみ苺」

 

 

 

「とちおとめ」がまるごと一個入った季節限定のどら焼き。

生クリームにも苺のペーストが入りクリームもしっかり苺の味という、苺好き熱狂の春の甘味です。

 

 

 

「このお席で、どら焼きひとつ食べて行かれる男性もいますよ。」

と店長の仲島さん。

 

 

 

ひとつから買える
ひとつだけ買うのも許されている雰囲気もいい。

 

 

ちょっといいお茶でも淹れて
わたしも春のティータイム楽しんじゃおうかしら?

 

 

桜もちは140円。ほほえみ苺は190円。

子どものお小遣いみたいな金額でこんなに春気分楽しめるなら

楽しまなきゃ損ですよね。

 

 

お花見しながら食べたいな。どら焼き。

花よりだんごってね。

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/

住吉に名物あり

庶民的で上品な、魅力ある どら焼き たち

 

性別年齢問わず親しまれる「どら焼き」の専門店、住吉駅近く、落ち着いた佇まいの「菓子工房 福どら」さんへ行ってきました。

 

DSCF5293 (600x400)

 

 

DSCF5303 (600x397)

 

店内の窓越しに、工場の様子を見ることができるんです。

 

DSCF5350 (600x400)

 

清潔な工場内で、皆さん黙々とどら焼きを作っています。

 

DSCF5324 (600x400)

 

どら焼きの中身の餡は、ひとつひとつ重さを量って、同じ量になるように・・・

 

DSCF5326 (600x400)

 

慣れた手の動きで素早く、かつ丁寧に皮を合わせて、完成。

 

DSCF5331 (600x400)

 

こうして隣にある工場で作られるどら焼きは、全部で13種類。

 

生クリームを使ったものなど、要冷蔵の品が9種類。

↓ こちらはサンプル。商品は店の冷蔵庫の中に。

 

DSCF5353 (600x377)

 

常温で店内に置いてあるのが4種類。

 

DSCF5361 (600x386)

 

定番の「つぶあん」(145円)、要冷蔵品では「生どら」(165円)が、同じくらい一番の人気だそうです。

 

 

北海道産生クリームとつぶあんのクリーミーな「生どら」は、冷たいままどうぞ。

 

DSCF5343 (600x400)

 

家庭で食べる気軽なおやつにもご進物にも使える、どら焼きの全種類の詳しくはお店のウェブサイトをご覧くださいね。

菓子工房福どら

 

 

 

選りすぐりのお菓子たち

 

「これも、人気なんですよ」と店長の仲島さんが教えてくれました。

 

DSCF5319 (600x400)

 

自家製マドレーヌ「しょこら」(155円)。これも隣の工場での手作りです。

 

DSCF5315 (600x390)

 

他の自家製品と同じく、保存料などは使っていないので、安心して食べられます。

 

DSCF5323 (600x375)

 

サクサクした食感の「福ふくサブレ」は1枚115円。ちょっとお腹がすいた時のために、自宅やオフィスに置いておきたい。

 

DSCF5313 (600x400)

 

 

「地元の方を大切に」というコンセプトで店づくりをしたという先代の遺志を継いだ若き2代目が、大口注文はもちろん、お年寄りの方の自宅への配達もしているそうです。

 

取材中(平日午前)も、ほとんど途切れることなくお客様が買いに訪れていました。

2002年にオープンした、比較的新しい店であるのに、地元・住吉ではすでにお馴染みの店になっているようです。

味はもちろん、親切で温かみある接客も魅力。

 

「また買いに来よう」、そんな気持ちにさせる「福どら」さんでした。

 

DSCF5296 (400x600)

 

 

※記事中の商品の価格は2015年8月時点のものです。

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/