チョークアートの魅力に迫る! アトリエ体験記

おみせのつぶやきを読む

おしゃれなチョークアートのアトリエが木場にオープン!

チョークアートってご存知ですか? カフェなどに行くと黒板にチョークで描かれた素敵な絵が飾ってあったりしますよね。

 

▼これ、チョークアートです

 

そんなおしゃれなチョークアート専門のアトリエ、ミュザート チョーク&デザインが木場駅1番出口から徒歩6分、東陽児童館の斜め前のビルの1階に2018年、オープンしました。

 

 

アトリエって初めて訪れるのでドキドキします。看板の「お気軽に中へ!」の文字に誘われ店内に入ると…。

 

なんということでしょう!!!

 

 

ものすごく素敵な世界が広がっていました!

 

 

▼このアトリエを主宰する小松凛さんが二科展に入選した作品

 

愛がテーマになっていて、2枚の絵をつなげるとハートが見えてくる作品。とても奥が深いです・・

 

繊細ながらも大胆で温かみのある作品の数々。もう、うっとりして言葉を失ってしまいました。

 

この方が素晴らしい作品を生み出すチョークアート作家の小松凛さんです。

 

 

以前は普通の会社員だったという小松さん。趣味でチョークアートを始め、資格を取得してこのアトリエをオープンさせたそう。その作品の評価高い、実力派チョークアーティストです。

 

小松さんの作品を鑑賞してアートの世界にどっぷりと浸った筆者。チョークアート作品に感嘆の声を漏らしていると、小松さんから「一枚描いてみます?」とのお誘い。

 

 

チョークアートを体験することに!

 

初心者におすすめの『体験!チョークアート』コースは1回1,000円で道具もすべてレンタルできて、描き方も教えてもらえます!(ことみせくーぽんを使えば50円引きです) なかなかこんな経験できないですよね!!

 

まずは使う道具をご紹介。普通のチョークを使用すると思いきや、オイルパステルというクレヨンを使うようです。

 

 

百聞は一見に如かずということで、実際にやってみました。

 

▼見本と下絵が描かれたボード

 

小松さんが描いてくれた下絵に色をつけていくという感じです。

いい作品ができるかどうか、ドキドキわくわく。

 

 

描き方は繊細で、オイルパステルを使うときの力の加減や指先で色をぼかすときの体温などで作品の風合いが変わってくるのだとか。同じ図柄であっても世界で1枚のオリジナル作品になるというのが魅力的。

 

集中して描いていると、日常を忘れて無心になれます。

 

 

出来上がりました!

 

▼完成品がこちら

 

絵心のない筆者でも形になったので、大満足です!!

 

「実にいいですね」

「上手ですね」

 

制作中、小松さんから褒めてもらえて気分上々。大人になってから褒めてもらえることがあまりないので、実に心地いい時間でした。

 

未知のアートを体験して世界が広がったような気がしました。

 

2018年1月からプロコースが開校されるそうなので、チョークアーティストを目指す人におすすめです。もっともっと上達してそこに参加できるようになりたいものです。

 

▼上達するとこういった作品も作ることができるように

 

ちなみにこちら、『イケメン時計』というそう。

こんな作品が作れるようになったら、より一層チョークアートが楽しくなりそうですね。

 

小松さんは教室の他に、オーダーで看板製作もするそうです。

 

 

ウエディングボードやファーストバースデーボードなども、小松さんに相談しちゃいましょうか。

作品を見に来るだけでもウエルカムだそうなので、チョークアートに興味のある方はぜひ気軽に足を運んでみてくださいね。

 

 

※本文中の情報は2018年12月時点のものです。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/

お店のブログを読む